品質管理メソッド

当社は品質を真剣に受け止めています。当社の目標は、お客様に届けられた販売機器の100%が正しく機能することにあります。当社からリファーブ機器を購入なされたのなら、製品は徹底的にテストされておりますので、どうぞご安心ください。下記はTerabit Systemsが採用している5段階のテスト工程です。

1) 物理的検査:各品目は、機能に影響を及ぼすような物理的な問題があるかどうかを丁寧に調べます。コネクタ、ヒートシンク、フェイスプレート、ボタン、ラッチなどを検査します。品目によってはこの段階で直ちに不合格となりますが、厳しい物理的検査を合格したものは機能テストに進みます。

2) 機能テスト:この段階では、該当する種類に対応するテストを機器に行ないます。スイッチには、パワー・オン・セルフテスト (POST) が行なわれ、エラーがあった場合は、それを記録しておきます。ログファイルでエラーメッセージを調べるほか、ファンとパワーサプライがテストされ、続けてポートのテストが始まります。最大10GB/秒の最新LANforgeソフトウェアを採用した当社のテスト・ネットワークに機器を配置し、ワイヤースピードですべてのポートにトラフィックを通過させます。可能であれば、内蔵の診断コマンドも実施します。モジュールを筐体内で駆動し、ここでも正しく機能しているかを調べます。光トランシーバも、合格とされる前に必ずトラフィックをすべてに通過させます。

3) 工場出荷時デフォルト:ユニットは工場出荷時のデフォルト設定に回復させます。パスワードやコンフィギュレーションはすべて排除され、可能な場合、ファームウェアのアップデートも行ないます。機器は、メーカーから新品を買ったときとまったく同じように、購入したその日から使えるよう準備が整えられます。

4) 外装リファーブ:最初の3段階に合格した機器は、顧客に良い印象を与えるために必要に応じてクリーニングを行ないます。汚れたように見えるわずかな傷跡については、カスタム塗装プロセスでハードウェアが新品に見えるようレタッチ修正します。ファン、ヒートシンク、コンポーネントは、圧縮エアで丁寧にクリーニングを行い、ホコリや汚れ、不要な微粒子などを排除します。

5) 最終品質管理とキッティング:最初の4段階に合格した品目は、最終的な品質管理チェックを行い、該当するアクセサリ (ラックマウント、電源コード、コンソール・ケーブル、PDFなど) がある場合はそれを同梱し、完成品インベントリに移して販売できる状態にします。注文を受けると、その製品を倉庫から取り出し、利用できる最良の手段と素材で厳格に梱包し、安全な国際輸送を行ないます。輸送中の環境はかなり苛酷であることを十分理解しておりますので、あらゆる措置を講じて、製品が完全に保護されるようにします。当社独自の設計による梱包材を利用し、海外のお客様へは毎日ハードウェアを配送しております。

当社は可能な最高品質のネットワーク製品をお届けし、お客様との実績は抜群であり、常に最短時間で最良の製品を提供しております。

  • 100%機能する製品
  • 外装状態は良好
  • 完成品であり、直ちに使用可
  • 安全で、スケジュール通りの配送
  • 十分な検査を受けた最高品質の機器提供ばかりでなく、当社の惜しみない保証で機器を支援